imidas連載「社会的連帯経済」へ誘い 9 リリース!

Pocket

途上国の生産者・労働者と公正な価格で商品の取引を行い、その生活の向上や自立を支えることで、格差のない世界を目指す貿易の仕組み=フェアトレード。日本には、年間約130億円を売り上げる市場があるという。近年、市場は急速に拡大しており、コーヒーはトップランナーだ。フェアトレードコーヒーと10年以上関わってきた株式会社「豆乃木」(静岡県浜松市)代表の杉山世子さん(43)に、フェアトレードとの出会いや取り組みについて聞いた。

https://imidas.jp/latingang/1/?article_id=l-70-040-22-02-g471