連続講座第6回

Pocket

つながりの経済ポータル連続講座 第6回講座

連続講座第6回は、世界でもユニークな労働者組織による金融包摂の取り組みで注目を浴びている労働金庫についてお話をうかがいます。労働者自身による自主福祉金融機関として70年ほど前に生まれ、クレサラ問題や多重債務、奨学金問題、他の金融機関に先駆けたNPOに対する融資の取り組みなど、時代時代の勤労者の暮らしを支えてきた共助組織である労働金庫について学び、社会的連帯経済の未来という視点から山口郁子さんと参加者の皆さんで語り合いたいと思います。(今回の聞き手は法政大学の伊丹謙太郎が担当します)

 ※「ろうきんに関するILOレポート」参照(https://all.rokin.or.jp/about/ilo.html

■日時:2022年8月9日(火)18:30〜20:30(最長)

■題目:連続講座第6回 私の歩んできた労働金庫運動

話し手:(一社)全国労働金庫協会政策調査部長 山口郁子さん

■開催形式:Zoomによるオンライン開催

(途中からの参加も歓迎です。音声をミュートにして入室ください)

■参加費:無料

■以下申込フォームより、事前のご登録をお済ませください。
(直後にお送りします自動返信メールにZoom入室用URLが記載されています)。

https://ws.formzu.net/dist/S271263011/

■注意事項

当日の映像を後日オンデマンドで公開予定です。講演と質疑の前半部を終えた時点で録画を停止します。どうしても後日の記録として音声や映像を公開されたくない参加者は、録画停止後の質疑後半にご発言ください。

【つながりの経済ポータルとは】

日本における社会的連帯経済の広がりを目的として有志にて設立された任意団体です。 フェアトレードを含め、社会的連帯経済に関する国内外の情報を発信しております。 活動概要につきましては、このHPのほかFacebookもご参照ください。 2022年度は『日本で『社会的連帯経済』を実践する!つながりの経済の現在と未来』と銘打ち、 毎月1・2回のペースにて連続講座を行います。あなたのご参加をお待ちしております。 質問、コメント等ございましたら、事務局(webmaster@tsunagari-economy.net)宛にご連絡ください。